命の花


青森県立三本木農業高等学校

 「命の花プロジェクト」は、「青森県の動物の殺処分ゼロ社会の実現」のために、平成24年度から青森県立三本木農業高等学校動物科学科愛玩動物研究室がはじめた活動です。
 青森県では、年間2,000頭以上の犬や猫の殺処分が行われています。生徒たちは殺処分の現状を知るため処理施設のある青森県動物愛護センターを見学しました。処理施設には殺処分された動物たちの骨が入った袋がたくさん積まれ、事業系廃棄物としてゴミと同様に処分され、土に還ることさえできない現実に生徒たちは大きなショックを受けました。
 そこで、「高校生として命と真正面から向き合いたい」という強い想いから「命の花プロジェクト」活動にたどりつきました。これは殺処分された犬や猫の骨を砕き、土に混ぜ、花を育てる活動です。殺処分された犬や猫たちの「もっと長く生きたかった」という思いを花に命を与えることで遂げてほしい、この活動を通じて「命の尊さ」と「青森県の殺処分の現状」を訴えたいと考えました。そしてこの花が枯れた後は、土に還すことができるのです。
 このような活動を継続していく中で、生徒は命の尊さを自ら考え自ら学びそして答えを出していくのです。反響の大きさに驚きながらも、自問自答しながら現在も活動を展開しています。

命の花」に関して、譲っていただきたい、欲しい、どこで売っているのですかなどの問合せが多数あります。命の花プロジェクトは私たちの活動にご理解いただき、鉢上げなど一緒に活動した人にお分けしております。販売や譲渡は目的ではありませんので、ご理解のほどよろしくお願いします。

お問い合わせはメールでお願いします。



多くの方がブログやツイッターなどで紹介してくれています。「命の花」で検索してみてください。
また、ユーチューブにもどなたかが掲載していますので、そちらも「命の花」で検索してください。



 


文部科学省指定農業経営者育成高等学校

青森県立三本木農業高等学校