平成26年度PTA母親委員会の活動


 平成26年6月14日(土)、PTA母親委員会によるプランターへの花植え作業が行われました。
 
 学校農場で生徒たちが育てた花の苗をプランターに植えて生徒玄関に飾りましょう。毎朝登校する生徒が花を見て心が安らぎ、爽快な気分で授業に臨むことができるようにしましょう。学校を花いっぱいにして学習環境を良くしましょう。お母さんたちのパワーを見てほしいなど様々な理由はありますが、新山委員長のもと、20名を超える参加者がありました。学校からは校長先生のほか渉外部の先生や農場の草花担当が出席しました。
 当日は天候もよく、それに加え参加者の熱気もプラスされ、作業をするには少し汗ばむ状態でしたが、思い思いにデザインして植える姿は童心にかえったようで、笑顔と笑いの中で和やかに行われました。
 最後は生徒玄関まで運び、飾られた花の前でみんなでパチリ。このあとは生徒が毎日水かけや管理をして大切に育てることになります。
 保護者と学校が一体となり生徒を育てていきましょう。その第一歩が今日の花植えでした。




ここにはベコニアを・・・。            床土の入れすぎに注意して。          マーリーゴールドはこっちに・・・。



思い思いの植え方で・・・。               名前書きましょ〜。               準備した花は6種類。



最後まで手を抜かずに・・。                 「はーい、完成ー」             お疲れさんでした。


文部科学省指定農業経営者育成高等学校

青森県立三本木農業高等学校